お金を借りるイメージの変化

お金を借りるイメージの変化

 

わたしが若い頃は、お金を借りるというと、いわゆる消費者金融などが真っ先に浮かんだものでした。
したがって、お金を借りるというのは、どこか後ろめたいような暗いようなイメージがつきまとったのでした。
 それが、今では、カードローンとかキャッシングとかいうものもあります。
提出書類なども不要で、ウエブで完結してしまうようなものもあります。
そのため、お金を借りることのハードルが下がってきていると思います。むかしのような後ろめたさや暗さはあまり感じられません。
 ただ、お金を借りるという事実は変わっていません。そして、借りたからには返さないといけないというのも事実です。
借りることのイメージが明るいものとなってしまったので、こういった事実への認識も甘くなっているようにも感じられます。